>>戦争映画中央評議会

炎628

かつて白ロシアで、628の村々がドイツ軍に焼き払われた

殺しつくし度

100

奪いつくし度

100

焼き尽くし度

100

総合得点

100


ベラルーシ(旧白ロシア)におけるナチス親衛隊の特別行動隊「アインザッツグルッペン」の凶行を描いた「炎628」。1985年ロシア映画。

これ確かにものすごい映画ですね。言葉ではとても言い尽くせないものがあります・・・。
これはみてもらうしかないですな。多くは語りません。ここではキャプチャ画像を紹介して視覚で少しでもこの迫力を伝えたいと思います。
完全なるネタばれです。みたくない人はお戻りください


ストーリー
1943年、ドイツ軍に占領されている白ロシアで、主人公の少年が銃をひろう。それを空中から監視している偵察航空機が不気味な機体音を響かせ、異様にテンションの高いラジオ放送を聴きながらこの少年の姿を捉える。そんな不気味な雰囲気でタイトルが・・・。

異様な雰囲気で始まるタイトル

少年はパルチザンに参加するが子供だから置いてかれてしまう。仕方なくオウチに帰る。その途中で少女と出会い、行動を共にすることに。帰り道でドイツ軍の航空機から少数の落下傘部隊が降下してくるのを目撃する。

自分の家に帰ると、家には誰もいない。母も双子の2人の妹もいない。辺りに不吉に響くノイズ・・・。ブンブン飛び回る蝿。まだ暖かい食事。
この異常な雰囲気に気づいた少年はパニックに陥って走り出す。少女はそれをあわてて追いかけるが、ふと振り返ると大量の裸の死体が山積みされているのを目撃する。少年の親も妹も既にナチに殺されていた。
少年が銃を拾った姿を目撃され、反乱軍として村ごと滅ぼされてしまったのだ。

そのことを生き残りの村の人に聞き絶望する少年。周囲は「あなたのせいじゃない」と慰めるが少年は自責の念に駆られパルチザンとなってせめて村の人のためになるように食料集めに奔走する。
しかしその途中で仲間は地雷を踏んだりドイツ軍に狙撃されたりして次々倒れていく。逃げる少年。とある別の村に逃げ込む。が、運悪くそこにSS特別行動部隊が現れる・・・

という話です。
ここまででもサスペンススリラーとして一級品で、演出も相当うまいなと舌を巻いた。しかし問題はここから30分だった。ここからはキャプチャ画像だけでどうぞ。


耳を澄ますと車のエンジン音が聴こえる・・・。警戒する少年。


そこに霧の中から何者かが現れる・・・。話し声一つしない。


ああ・・・やはり・・・。武装親衛隊である・・・。


村人を一人残らず追い立てるドイツ軍


あたりは粗野な笑い声と陽気な音楽が・・・酒を飲んで超ハイテンション。


小さな教会に村中の人を押し込むドイツ軍。


犬・・・ほえる


押し込まれた人々はこんな感じである。


そこに親衛隊員の一人が意味不明の命令を・・・。
子を持つ親は子供を置いて出てこいというのである・・・。一体何をたくらんでいるのか?


恐る恐る言われたとおりに外に出ようと窓の外をのぞくと・・・。


こんな感じ・・・。出たくねー(泣)。


母親が子を連れて外に出てきた・・・。母子をひきはがすナチ。


子供は小屋の中へ・・・。一体何の意味が?


母はというと無残にもゴミ袋扱い・・・。犬がそれに向かって猛烈にほえる!勘弁してあげて(ToT)


それを養豚場の豚を見るような目で見つめながら冷静に指揮を執る特別行動隊の中隊指揮官。
さきほど子供を残せと命令した男である・・・。なんて冷たい目だ!


少年はもう何をすればよいやら状況をつかめていないようで終始オドオドしている。


不意に処刑が始まる。手始めに小窓から柄つき手榴弾を投げ込む特別行動隊員たち。非道すぎる!


広報カーがそれを尻目に陽気な音楽を流しながら暴走運転。


お次は火炎瓶を寄ってたかって教会に投げつける特別行動隊員たち。


皆さん大うけ(ToT)


超馬鹿うけ(ToT) 犬も尻尾振って大喜び


お次は教会に向かって一斉射撃開始!「フォイヤー!!」
もう死んでるって・・・。


超ノリノリで千鳥足乱射。多分しらふになったら記憶とんでるんでしょうね(ToT)


心の底から楽しんでいる行動部隊のみなさん。


お次は火炎放射!まだやんの!


悲鳴と絶叫で耳が痛い。
対照的にみんな外では大笑い。ゲラゲラ腹抱えて笑ってます。


それを見ながら優雅にカニを食う親衛隊員のお姉さん・・・。


さあお次は村中の建物という建物を焼き尽くすぜ!!覚悟しやがれ!


呆然と見ていた少年!ナチに捕まって絶体絶命!


一体何をしようとしているのか?!


記念撮影でした・・・(ToT)


一人の少女がナチの奴らのおもちゃに!


寝たきりばあちゃんもベッドごと外に運ばれちゃう!


ばあちゃんぼけてて状況がよくわからん!


ばあちゃんの視線の先には凶行を終えて去っていくアインザッツコマンドが。
ピンポンダッシュで逃げるガキのように楽しげだ。

悪魔どもが去った後、すぐに時間が経過し、やりたい放題やったやつらも降伏して捕虜になっている。(ここすごい性急ではじめ状況がよくわからなかった)
パルチザンに囲まれ見苦しく命乞いするドイツ兵たち。白ロシア人協力者の隊員が
「おれはドイツ人じゃな〜〜い」とか言って命乞い。アインザッツコマンドの司令官も見苦しく命乞いしている。
それをみた先ほどの冷酷なSS隊員、命乞いする彼らを豚呼ばわりして、取り囲むパルチザンにこう言い放った!


「子供から全てが始まる
生かしてはおけない
貴様らもみんな死ね
貴様らの民族に未来はない
共産主義は下等人種に宿る
絶滅させるべきだ
必ず遂行する
必ず遂行する!」



それを聴いて憎悪の炎を燃やすパルチザンたち。
んでカタルシスタイムです。メデタシメデタシ・・・。

 

広告

 

どうですかーー。すごいでしょう・・・。
おれは人間って何?って小一時間考えましたね。

暴行を受ける男、犯される少女、引き離される母子、燃やされる家屋・・・。人は異民族にかくも残虐になれるものなのか。
人間のどうしようもないサガに考えさせられる。
こんな目にだけはあいたくないです。

それにしてもこれに出てくるドイツ軍やばすぎ。どんな悪役もメじゃないねこりは・・。
そしてもっと胃がげんなりする話として、これは実話をドキュメントしたもので現実に起こった話だそうです・・・。なぜここまでできたのか興味深い。

さて、
本来なら子供だけは見逃してやるとなりそうなものなのに、どうしてことさらに子供を彼らは標的にしたのか?
それはこの後明らかに・・・。少年は水溜りに浮かぶヒトラーの肖像画を見つけそれに向かって憎しみをこめて銃を撃つ。すると、画面にベルリンがソ連軍に破壊されたときの映像が。そこから映像が巻き戻っていき、演説するヒトラーに向かって少年は何発も何発も銃弾を浴びせる。映像はドンドンドンドン巻き戻っていき、ナチが政権を獲得する前の映像が。少年はそれにも銃弾を浴びせる。まだまだ映像は戻っていき、少年はヒトラーに向かって弾を打ち続ける。すると遂にヒトラーは赤ん坊に。


これこれ。有名な写真ですよね

少年はそこで撃つことをためらい、正気に戻ってパルチザンに加わり、映画終了。

含みを残す終わり方です。人によって捉え方が異なるでしょう。私は最悪のラストだと思いましたが・・・。
「子供から全てが始まる」SS隊員の言葉が重くのしかかります・・・。

ヒトラーは共産主義を絶滅させるためにスラブ民族の絶滅を図り、ドイツ軍は占領各地で徹底した破壊と殺戮を繰り返しました。その犠牲者は
2000万人とか言われている。ベラルーシだけで焼き払われた村の数628(といわれている)。
その犠牲者であるロシア人の、ファシストとヒトラーに対する憎悪が腐臭を放ってみるものに襲いかかってくる狂気の傑作だ。

これはマイナーなのでみてない人が多いと思う。私もその一人だった。それで今回はずいぶん気合を入れてこのページを作ったので見れないでいる人はこれでちょっと溜飲を下げてください。

また、この映画は
戦争映画に免疫のない人にはかなり衝撃的な内容なので(上を見りゃわかるとおもうが)、きつそうだと思う人は無理してみる必要はないと言っておく。私は好きだが・・・。
君はこの人間の本性に耐えられるか?!一番怖いのは幽霊でも貞子でもない!それは
人間の大群なのだ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

戻る