ザ・バンカー〜巨大地下要塞〜

個性的な駄目映画

ホラー度 70
謎度 100
娯楽度 80
総合得点 50

イギリスのB級映画です。

これは駄目な映画ですね〜(笑)。これはいわゆる「ビロウ」などと同種の戦場でのちょっと怖い話という作りですね。つかビロウもそうだけど全然怖くないっす。がんばってほしいですね。個性なのは認めますが・・。

まずドイツ軍のアルデンヌ攻勢のときに、部隊とはぐれてある地下要塞に逃げ込んだ小隊が、その要塞の地下でお化けみたいなのみつけちゃうってストーリーですね。

で、コノ映画の特徴はお化けが本当にいるのか、いないのかよくわからないように作ってあることです。兵士が民間人を処刑したというトラウマ持っているので幻覚なのか本当に幽霊なのかよくわからないわけです。それは最後まで全然わからないのです。

どうなんでしょうね。この説明があってるかどうかもよくわかりません(笑)。

話は地味だし、考証も無茶苦茶だし、真面目に観る必要はないと思いますが、真面目に観なくてもあんまりおもしろくないですね。

戻る