ダークブルー

話はおもしろいが・・

恋愛度 100
地味度 100
邦題?度 100
総合得点 40

 チェコスロバキアの映画です。チェコは第二次世界大戦時にはナチスドイツという国家社会主義との併合を招き、戦後はソ連という共産主義の支配を受けた数奇な歴史を持つ国です。チェコ空軍のパイロットがナチから逃れてイギリス軍に行き、ドイツと戦うというストーリーです。非常にネタは良いです。しかし!ネタをあまり生かしきれてないのが非常に残念!実にシンプルな友情と愛の物語でした。狩猟民族の性的エネルギーにおれは圧倒されてしまいました。五画関係まで言ってしまう派手な恋愛模様は、物語を腐らせるに十分なものでした…。戦闘シーンも悪くないですが、数が少なく欲求不満です。こういう派手な恋愛戦争映画を観ると、いやでもあのくそ映画を思い出してしまってマイナスです。つまらないことはなかったけど、とても惜しい映画でした。ツメが甘い!大衆向けにするために恋愛を絡める姿勢が気に食わないのです…。チェコでは大ヒットしたそうです。多分この恋愛模様がうけたんでしょう。おれには到底物足りない映画でした。でも元SSの医師が、親友の想い人を寝取った主役に向けたセリフに最高に感動してしまった。

「ドイツの軍人は決っして戦友にそんなことはしない、君には失望した。完璧にな。君は哀れだ。友情をあぶくぐらいにしか思っていない。吹いたら簡単に消えちまう」

だってさ!いいよ〜、渋いネ〜。「完璧にな」ってとこがいいのよ〜。このセリフがあったからこの映画は観てよかった。

 

 

戻る