プレデターズ

これだって愛してますよ

あんまり強くない度 100
イマイチはじけきれてない度 100
愛情補正度 100
総合得点 100

最初観た時は違和感ありまくりのストーリー展開だったが、もう100兆回ぐらい観てると思うけどそれぐらい観てるともう何が何やらわからなくなってきて、もう好きなような気がしてくる。というかもう好きです。愛しています。これだって愛してますよ。

ストーリー:特殊部隊やマフィアや暗殺者、傭兵や犯罪者など殺しのプロフェッショナルがある惑星に集められた。そこは狩猟のためにプレデターが利用する惑星で、プレデターは獲物が強いほうが興奮するタチだから、一人一人餌食になっていく・・というストーリーで早くも違和感が噴出するのである。

と言いつつ、人間サイドもダニー・トレホがいるけど真っ先に死んじまうだとか、狙撃手のお姉さんが色っぽくてたまらないだとか、快楽殺人犯が何故かガキのちんこみたいなナイフ握りしめて参戦してるだとか、ブラッドダイヤモンドからRUFがゲスト参加しているだとか、モーフィアスがやたらふくよかになって再登場だとか、シュピルマンが実はけっこう強かっただとか、わりと
ネタの宝庫で飽きさせません。ホットトイズのフィギュアも全部揃えちまった・・。もはやこの映画に文句をつけることは自分をdisるのと大差ないなんてことになっちまった気もする。日本刀持った日本人ヤクザが一番影薄いし・・しかもその薄いのが一人でプレデターを一人やっつけてしまうし。よく考えたらむちゃくちゃカオスなことになっちまってる。

もうちょっと長生きして欲しかった・・

対するプレデターサイドは
ミスター・ブラックを筆頭にファルコナードッグ・ハンドラーと今までとは多少違うデザインのプレデターが3体チームを組んで登場する。いずれも非常に軽武装なのだが、ファルコナーは鳥型の偵察機を自在に操り人間チームの位置や配置を確認し、ドッグ・ハンドラーは猟犬プレデターを操って狩をする。ミスター・ブラックは特殊能力特にないけど腕っ節で勝負。デザイン面では言うことないほどカッコいいです。しかしプレデター2のあいつだとか、AVP2のクリーナーの多彩な武器を操る弁慶的側面が好きだった私としては残念な面がないでもない。

これら新種は、
今までのプレデターよりでかくてより強いらしいのだ。今までの旧種は奴隷のような存在らしい。この設定はファーストに対するリスペクトが足りない気もするが、まあしょうがない。そういう設定なんだから。

でもクラシックの方もただ単にペコペコしているわけではなく、隙あらば主人のそっ首を叩き落すぐらいの敵愾心は持っているらしく、クラシックとミスター・ブラックの一騎打ちが本作の最大の見所なのである。ただし2分で新種に負けるが。
食らわした攻撃は裏拳一発のみ。いいのかこれで(ToT)?仕方ないですね。所詮は20年前のヒーローなのでしょう。。世代交代もやむを得ないのかもしれません。

下働きらしいクラシック(ToT)


新種に2分で首チョンパされます(ToT)



ファルコナーとヤクザの一騎打ち。相討ちになったときお茶を吹いたのもいい思い出


スペツナズのニコライをリストブレードでグサリ!この後自爆されちゃう。 え?もう終わり?!って思ったっけ


カッコいいからいいか・・

最後はなんとシュピルマンことエイドリアン・ブロディーに・・顔色悪い不健康系男子の最右翼、エイドリアン・ブロディーになんと斧で撲殺。最後は衝撃のクビチョンパ・・。一体強さのヒエラルキーはどうなっているんだ・・?わけがわからん・・。

かなりもどかしい思いはさせられたけどそれでも新しいデザインのプレデターを3種も送り届けてくれたロバート・ロドリゲスには感謝でいっぱい!次回作も作ってください!お願いします!硫黄島戦でアメリカ兵と日本兵のタッグで日米友好を謳い上げるトンデモプレデターでもかまわないから
、つまり何でもいいから続編を望む!AVPも沈黙してるし頼む!お願い!
続編を〜!(ToT)

戻る