>>戦争映画中央評議会

 

ジョン・ラーベ〜南京のシンドラー〜

もうちょっとがんばれよ

 

デタラメ度

100

極悪日本軍度

70

リアル度

40

総合得点

60


2009年のドイツ・フランス・中国映画。つうかほとんど中国映画?監督はドイツ人みたいだけど、すごく中国らしい映画だ。

まんま直球南京大虐殺を描いた映画。

ジョン・ラーベという人物は巨大複合企業シーメンス社の南京支社長を務めた人物。ナチ党員。

日中戦争前、ドイツは中国に軍事顧問団を送ったり武器を売ったりしてもうけていた。中国と手を結べばソ連を挟み撃ちにできるしねえ。しかし、日独防共協定が結ばれてからは、中国からは手を引くことにしたようだ。ラーベは30年近く中国で仕事をしていたが、日本の台頭でなにもかも台無しにされた形だ。さぞムカついたであろう。

そんな最中に上海事変が勃発。みるみるうちに日本軍が南京に侵攻してくる。急いで逃げないと!映画のストーリーはこんな流れだ。

逃げようにも逃げられない。
日本軍は都市を無差別爆撃し、避難船も撃沈しようと飛行機飛ばしてくるし。国際法とかそういうのは完全に無視されている。

ラーベはハーケンクロイツの旗を掲げ、同盟国なんだぞ!とアピールすることで難を逃れようとする。これは「The flowers of war」で偽神父がここは「神の家なの!」とアピールして難を逃れようとしたのに似ている。まああまり役に立たないわけだが、、今作では神よりもハーケンクロイツの方が多少マシのようで、万能とは言わないまでも、そこそこ人助けの役に立つ。

ここで使われている飛行機は速くてよく見えないのだが、九六式艦爆とかになるのかな?詳しい方は是非チェックしてください。なかなか迫力があって爆撃も執拗でいやらしく、良かった。

その後は申し訳程度の戦闘シーンをはさみ、あっさり南京は占領。ここで南京戦の悪いアイコン、パパとママの愛情が足りなかった系サイコな皇族の陸軍司令官が登場。

いかにも雅な喋り方を香川照之がうまく演じている。でもハナっから飛ばし気味の残酷嗜好な人物で、捕虜なんか見たくないの!みんな殺すの!とダダをこねる。

そこで南京戦で手に入れた数千の捕虜を機関銃で射殺するのだが、何千人も一列に並ばせて、トラックに重機を乗せて走りながら機銃掃射。混乱も起きず逃げようとする捕虜もおらず、綺麗さっぱり真っ平らになってしまう。おいおい。普通逃げるだろ。別に縄とかで縛られてる様子もないしな。黙って殺されるの待ってんの相変わらずだなあ。。抗日映画の特徴?と言っていいかも。

まあ、この映画の見所っていったらもう、極悪日本軍のメチャクチャな処刑しかない。なんか知らないけど人間ドラマは異常なダルさ。ラーベとその周辺の人々が、日本軍はけしからん!日本軍はけしからん!とグダグダクダ巻いてるだけ。早送り推奨。

お次は病院に殴りこんでくる日本軍。いかにもな現場指揮官が、兵士を隠してんだろおらー!出せおらー!と拳銃を突きつけ、医者や看護婦、患者みんな殺して去っていく。巨大な暴力が吹き抜けたあとの無音の病院の風景、とても素晴らしかった。ここは良し。

お次は、ラーベが日本軍の司令部に虐殺やめろおらー!とストレートに嘆願に行くが、軽くあしらわれてしまうのだが、運転手が日本兵に因縁をつけられて連れて行かれて無残に斬首!他にも斬首処刑が行われていて、残酷でいいのだが、例によって中国人が目の前で首刎ねられてる仲間を見てもいたって冷静(笑)。黙って自分の順番が来るのを体育座りで待ってるんだよ。おいおい、、中国映画界に誰か忠告してやれ。。

これは抗日映画「南京!南京!」でも似たシーンがあり、子供が日本軍に穴掘って生き埋めにされるんだけど、スコップとかで土かぶせてるのに、目つむって黙って埋められるの待ってるの(笑)。おいおい。もうお国柄ですよこれ。。

おれとしては、泣き叫んだり身悶えたり無駄なあがきをやったりと、そんなシーンを山と盛り付けてくれる方が好みなので、これはちょっと受け入れがたい。中国映画会の関係者は、ここをもし読んだら本国に報告してほしい。命乞いするシーンとか入れたほうがいいみたいだよ!ってな。

生首を台みたいなところに並べて新聞社らしき人が撮影してるんだけど、リアリティゼロ。やりすぎとしか言えない。フッと笑っちゃった、、

展開はワンパターンで、安全区だろうが、女子寮?だろうが、ゲリラいんだろおらー!隠しても無駄だぞおらー!とどこにでも日本軍が殴りこんでくる。女の服脱がしたり景気付けにレイプしようとしたりとかな。これ以上ないぐらい悪辣に描かれています(笑)。

安全区に立てこもるラーベたちに、サイコな皇族が迫る!クライマックスは多少盛り上がるが、フィクションだよなあ、この辺、などと思うと感動したくてもしようがない。人々を救ったラーベはシンドラーのように感謝されながら南京を去る。スタンディングオベーションで映画も幕。あまりの寒さに笑いもひいたが、この映画の失敗を下に連ねたいと思う。

この映画はやりすぎである。

南京大虐殺は、殺された人々の数は不明である。だが、この映画はクライマックスで"統計によると30万人殺された、ラーベが20万人救った"などと臆面もなく主張するが、デタラメだからなあ。その統計的根拠がないから、南京大虐殺は30万人説、20万人説、5万人説、4万人説、0人説ともう無数に枝分かれして大混乱しているんだからねえ。(ちなみにラーベは5万人説採用)

プロの歴史家さんたちがさんざん研究しても未だに結論出ずの状況。素人が云々言える領域を超えている。

当時の南京市内に何人兵士がいて、何人市民がいて、何人市民のふりした兵士がいて(ゲリラ)、何人兵士と間違われた市民がいたのか、全然わかっていない。

死体がたくさんあった、とか処刑があっちこっちで繰り広げられてた、とか不確定な伝聞情報しかない。有名なラーベの日記にも直接処刑や虐殺をみたという記述はないそうだ。全部伝聞である。つまりこの映画でラーベが人々を救ってるシーンは全部フィクションである。

ゲリラが景気良く市民と混ざっていた以上、日本軍側からしたら、見分けつかねえし殺しちまいな!市民?殺したあとゲリラだったってことにすればいいし〜となるのは当然。これは日本軍に限らず、ゲリラと対峙した占領軍は必ずこうした選択をする。日本軍だけが虐殺をやっていないとも思わないが、ゲリラを処刑することは国際法上合法だから虐殺にはあたらないでしょ?合法なんだから。

むしろ、ゲリラ戦術を行うことが国際法上違法である。ゲリラは市民を巻き込む戦い方だからだ。当時はどんな国でもどんな戦争でもゲリラは縛首と決まってたの!

ゲリラならいくらでも殺していいなんて、なんてひどいこというサイコパスなのかしら!ネトウヨってやーね!

おいおい。それ平成の価値観だから。そんなこと言い出したらこの時代、世界中が狂ってて残酷でサイコパスでネトウヨだったんだよ。安全圏でマスだけかいてやがって、偉そうなことを言うんじゃないよ。ゲリラの処刑が合法というのはおれが決めたわけじゃないしなあ。もっと言うなら、ゲリラに兵士を一人殺されたら、一人につき無関係な人質を十人まで処刑することも国際法上合法だからねえ(マジだぜ。だから南京大虐殺系映画にはゲリラ=便衣隊は影も形も登場しない。登場させてしまうと日本軍の虐殺が合法になってしまいかねないからだ。しかしこの辺はいわばタブーで、善悪の判断は未解決のまま。あまり深入りしない方がいい)。だから戦争犯罪を同定するのは難しいし、簡単には語れないの!

(深入りしたい人は以下を参照せよ)

世界戦争犯罪事典

あと、この映画が日本国内から非難ゴーゴーって、そりゃそうだよ。

この香川照之が演じてるパパとママの愛情が足りなかった系サイコパスの皇族さんだけどさあ。この人架空の人物とかじゃないから。朝香宮鳩彦親王という人で、実在の人物ですから。昭和天皇の叔父さんだ。この人は確かに南京戦で捕虜の処刑に関与したことが疑われているらしい。しかし実際は皇族だし訴追されず戦犯にはならなかったわけで、あくまで"疑い"だ。それなのに断定口調でキ×ガイ扱いしたら、この人の周囲の家族や周囲の人々の人生に甚大な影響を及ぼすかもしれない。日本の配給会社が拒否するのは当然だ。政治的な問題に加え、プライバシーの問題にならないか?まあ、それでもおれは映画ならなんでも観たい派だからこの映画は楽しみにしていた。こういうのは公開停止にするよりツッコミ入れながら観た方が愉しい(趣味が悪いのは知っている)。

それはいいとして、もう全部デタラメのプロパガンダ映画だと思っていいと思うが、それにしたって殺戮シーンが手ぬるいの!例えば、南京大虐殺系映画の名物、集団レイプシーンだが、子供が武器を奪って日本兵を殺してしまうが、なんでそこ阻止させるの!最後までヤらせろよ空気読まねえなあ。最後までヤられちゃった女子がその後悲嘆に暮れて自殺したほうが悲惨美が際立つの!

あと上でも書いたけど、現場指揮官が女子寮?に殴りこんで兵士じゃないならおっぱいみせろと無理難題をふっかけるシーンがあるのだが、裸にひんむいて、なんだ本当に兵士じゃないよ〜と帰っちゃうんだよ!なんで帰るの!ちょっと揉んでから帰れよ!それにゲリラには女もたくさんいるだろ!帰る理由になんねえよ!全員処刑しろよ!

あと、何度も書いたけど、処刑の順番待ち、体育座りはねーだろ。草野球の打順待ちじゃねーんだよ。もっとこわがれよ。盛りあがんねーなー!


人間ドラマダラダラしすぎなんだよー!尺縮めて編集しなおせ!やり直し!

あと、ドイツ人オ×ニーしすぎだよ。

おれたちはお前らほどのことはしてないから!やったとしたらロシアと中国なの!

自分らの犯罪を相対化したい気持ちはわかる!ナチ時代のドイツにもいい人がいたとアピールしたい気持ちもわかる!

でもオ×ニーは一人でやるもんだから!こんな国際的オ×ニーかまさないでくれるかな?

以上。あースッキリした。


 

 

 

戻る