ステイツオブウォー

パッとしない

パッとしない度 100
リアル度 20
眠い度 100
総合得点 20

アルゼンチンの映画で、各地で物議をかもした問題作ということでちょっと期待をして見た。
フォークランド紛争での負け戦を描いているということもアルゼンチンならではの視点ではないだろうか。

しかし言うほどたいした映画ではないという印象。B級ですね。金がかかってない。戦闘シーンもないに等しいし・・。
この紛争では、アルゼンチン空軍はフランスの「ミラージュ」を結構な数そろえていたというし、イギリス海軍のVTOL機や原潜の初陣という側面をも持っている。
でも派手な戦闘望むべくもなかったわ・・。テーマは上が無能だと下が苦労するのよ・・という戦争映画においては伝統的なもの。その線を半歩も踏み出してはいない、凡作であった。

以上、他に語ることもない、つまらん映画であった。

戻る