遠すぎた橋

長い

遠すぎ度 50
長い度 100
パッとしない度 100
総合得点 70

ロバート・レッドフォードやらアンソニー・ホプキンスやらショーン・コネリーやら大スターがわらわら登場する戦争映画だが、舞台は「マーケット・ガーデン作戦」というあからさまな負け戦。マーケットガーデン作戦はDデイ後、クリスマスまでに戦争を終わらせようと焦った連合軍参謀本部が強引に推進した「史上最大の空挺作戦」である。ま〜橋の占領を目的としていたが、降下地点があまりに橋から遠すぎたために補給が尽きて失敗、SS戦車軍団に包囲されて壊滅させられる。で、タイトルは「遠すぎた橋」というわけだ。

とにかくこの映画は長い。
3時間ありなさる。で、描写が丁寧かと言うとかなり微妙な感じで、一緒に作戦行動していた陸軍部隊の描写も詳しくやるもんだから、どっちがどっちだがわからなくなってくるのだ。で、最終的に陸軍部隊が空挺部隊を救助するはずだったがそれもなし得ず、弾薬尽き果てた空挺部隊をSS部隊が武装解除するシーンで映画は終わってしまう!
ドイツ軍の圧勝で終わるのだ。

というわけでドイツ軍がカッコいい映画かというと全くそんなことはなく、むしろ連合軍の参謀部のずさんさや無線が壊れただのの運の悪さやらを強調し、「結局自滅したんですよー」という流れなので、別にドイツ軍はかっこよくない。むしろやられまくっておる。しかし!これはこの手の戦争映画では異例で
、ドイツ軍がちゃんとドイツ語をしゃべっているのだ!このおかげで少しかっこよく見えます笑。

というわけでどこか憎めない映画で、ドイツの将軍が、俘虜になったアンソニー・ホプキンス扮するイギリス空挺部隊大隊長にイギリス製チョコレートを勧めるシーンはちょっとだけカッコイイゼ?

誰かリメイクしてくれたまえ。もう少しで高評価だったと思うのだが。

戻る